かがみの孤城コナンの声は伏線?「真実はいつもひとつ」マサムネの決めゼリフの真相

※アフィリエイト広告を利用しています

映画『かがみの孤城』、みなさんはご覧になりましたか?

金曜ロードショーで観た人も多いことでしょう!

その映画内でマサムネが言う「真実はいつもひとつ」というセリフについて、「伏線なのではないか?」という推測がされているようです。

その推測の真相について調査してみました。

この記事が皆さんの参考となれば幸いです。

映画で描ききれなかったストーリーや設定が楽しめる◎

紙の単行本よりお得に読める!

紙派はコチラ⇓

楽天ブックス
¥1,980 (2024/02/13 23:40時点 | 楽天市場調べ)
目次

かがみの孤城マサムネの声優は高山みなみ

映画『かがみの孤城』でマサムネ役を演じた声優は高山みなみさんでした!

声優界では、知らない人はいないというほどの大御所ですね!

Xでは、金曜ロードショー公開の日にトレンドにも入っていたようです!

たくさんのキャラクターを演じられていますよね!

声優・高山みなみさんについて詳しく紹介していきます。

高山みなみとは

<プロフィール>

出身地東京都足立区
生年月日1964年5月5日(59歳)
血液型B型
職業声優、歌手、ナレーター
事務所81プロデュース

<声優活動>

活動期間:1987年~

ジャンル:アニメ・ゲーム・吹き替え・ナレーション・ラジオ

デビュー作:「学園特捜ヒカルオン」(女生徒)

経歴・代表作

1987年「ミスター味っ子」味吉陽一役で初主演

1989年「魔女の宅急便」キキとウルスラの二役に抜擢

1990年「楽しいムーミン一家」ムーミン役

    「まじかる☆タルるートくん」江戸城本丸役

1993年「剣勇伝説YAIBA」鉄刃役

      「忍たま乱太郎」猪名寺乱太郎役

1996年「名探偵コナン」江戸川コナン役

1999年「ポケットモンスター」ヒロシ役

2005年「ドラえもん(テレビ朝日版第2期)」スネ夫のママ役

2007年「ゲゲゲの鬼太郎(第5作)」鬼太郎

2010年「デジモンクロスウォーズ」工藤タイキ役

出演作が多すぎて一部しか記載できません!

特に「名探偵コナン」の江戸川コナン役が印象深いですよね!!

2011年には、第5回声優アワードにおいてシナジー賞を受賞しました。

主演作では元気な少年役や姉御肌の女性役が多いですが、他にも少女、腹黒い女性、冷酷で陰険な性格の敵役など、色々な役柄をこなします。

マサムネの台詞「真実はいつもひとつ」の真相とは

それでは本題の映画『かがみの孤城』について紹介します。

高山みなみさんが言うから、コナン君が言ったように思っちゃいますよね。

コナンのアニメファンも大喜びでしょう!

マサムネの台詞「真実はいつもひとつ」の真相について、調査して分かったことを紹介していきます。

【真相①】制作側の遊び心

真相の一つ目は、「制作側の遊び心」です。

マサムネの声の担当が『名探偵コナン』のコナンと同じ高山みなみさんだったので、コナンネタをいれることを思いついて高山さんにお願いしてみたらやってくれたのだということでした。

アニメファンへのファンサービスといったところでしょうか!

【真相②】時間のズレの暗喩

真相の二つ目は、「時間のズレの暗喩」です。

マサムネが『名探偵コナン』のコナンの決め台詞と同じ「真実はいつもひとつ」という発言をしたとき、『名探偵コナン』を知らないスバルだけが「なにそれ?」と言っています。

このスバルの反応は、後で明かされる時間のズレを示唆する伏線になっているそうなんです。

このことは、2023年1月27日に新宿ピカデリーで行われたティーチインで原恵一監督本人が話していました。

しかし、そのとき、同時に、原監督は、その「伏線だ」という説明は後で考えた「後付け」だとも話していたそうです。

後付けだとしても、そう言われるとまた違う目線で作品を楽しめますね!

マサムネ(コナン)の声と台詞に対するSNS評判【かがみの孤城】

視聴者のSNSでの評判について紹介します!

言わせたかっただけだろ!いいツッコミ!(笑)

ニコニコでは大荒れです(笑)

コナン君が話しているようにしか聞こえなくなりますよね!

SNSでは、時間軸の伏線と考察している人はいませんでした。

これはコナン役の高山みなみさんが有名すぎるからでしょうか。

視聴者はわりと深く考えず、フランクに作品を見ているということが分かりますね!

まとめ

この記事では、映画『かがみの孤城』のマサムネの台詞「真実はいつもひとつ」の真相について紹介してきました。

・マサムネ役を演じている声優は、高山みなみさん

・高山みなみさんはたくさんの役を演じられているが、とくに有名なのは「名探偵コナン」の江戸川コナン

・「真実はいつもひとつ」の真相は、マサムネ役の高山みなみさんがコナン役だったため、制作陣の遊び心でお願いした

・「真実はいつもひとつ」という台詞をスバルだけが知らない様子が、作品の軸となる「時間のズレ」を示唆する伏線である

・映画公開時からSNSで話題となっており、金曜ロードショーで放送時にはSNSでトレンドにもなっていた

分かる人にはわかる、こういった遊び心は見ているこっちも楽しくなりますね!

他の作品でも探してみたいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

映画で描ききれなかったストーリーや設定が楽しめる◎

紙の単行本よりお得に読める!

紙派はコチラ⇓

楽天ブックス
¥1,980 (2024/02/13 23:40時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次