ビートたけしと劇団ひとりのCMはなぜ穴を掘ってる?CMの意味やCanvaって何かも調査

※アフィリエイト広告を利用しています

ビートたけしさんと劇団ひとりさんのCMが、2024年3月27日から公開されました!

劇団ひとりさんはNetflixオリジナル映画「浅草キッド」で脚本と監督を務めたほど、幼いころからビートたけしさんに憧れていることで有名です。

そんなお笑いと映画監督の、二つの顔を持っているお二人が共演するCM!

とても気になりますよね!

そして、穴を掘る演出なども面白いと言われています。

この記事では、ビートたけしさんと劇団ひとりさんのCMについて調査しました。

CMに興味を持った方の参考になれば幸いです。

目次

北野武と劇団ひとりの穴を掘ってるCMは何?

北野武さんと劇団ひとりさんが穴を掘ってるCMはいったい何なのでしょうか?

この文章だけ見たら「?」がたくさん浮かぶと思うのですが、CM映像を見ていただくと

きっと分かります!

それくらい印象的なんです(笑)

CM映像(フルバージョン)

CMの映像フルバージョンがこちらです!

映画のワンシーンのようなクオリティで、北野作品を見ているかのような感覚になります・・・

後部座席の感じといい、サングラスをかけてからの雰囲気の変化といい、北野作品の世界観が作り込まれていますね!

北野作品が好きな人は、ワクワクすること間違いなしのCM!

これは何のCM?

このCMはいったい何のCMなのでしょうか?

調査してみたところ、こちらは「Canva」の新CMで、「信じられないほど、素晴らしく。」柴犬スイミングスクール編でした!

こんな雰囲気で柴犬っていうのも、面白いですよね!

「Canva」の新CM、「信じられないほど、素晴らしく。」柴犬スイミングスクール編!

ビートたけしと劇団ひとりのCMで穴を掘ってる理由はなぜ?

話題となっている、穴を掘る演出。

これには何の意味があるのでしょうか?

誰も人がいないような場所で、人一人が入れるほどの穴を掘らせられ、近づいてくるミキサー車のような車・・・

皆さんこう思いましたよね?

「これ、アウトレイジとかに出てくる、コンクリートに埋められるやつじゃね?」って。

でも最後のビートたけしさんのセリフは「柴犬のプールだ」なんです(笑)

プレゼンの試料は確かに「柴犬のスイミングスクール」でした。

その台詞に対して「本当ですか?」という劇団ひとりさんも面白いですね。

ヤクザ映画の定番の演出「コンクリートに埋める」という演出に「この後はどうなるの…?」とCMを最後まで見てしまう視聴者が多数でした!

穴を掘ってる理由は、北野作品っぽい演出「コンクリートに埋める」と見せかけて「柴犬のプール」だった…!

Canvaって何?(北野武と劇団ひとりの穴を掘ってるCM)

そもそもCanvaというアプリは何なのでしょうか?

デザインやプレゼン資料をよく作っている人はご存じかと思いますが、改めて紹介します!

「Canva」は、オンラインで使える無料のグラフィックデザインツール

たくさんのテンプレートと素材があり、簡単操作で誰でも簡単にデザインを作成できる

パソコンやスマートフォン、タブレットでも使える

「Canva」で作成したデザインを印刷注文できるサービスも!

最新情報やツールについてはこちらをチェック!

Canvaの詳細情報はこちら:公式HPX

とても簡単で便利な無料オンラインツールなんです!

テンプレートや素材の量が多いので、初心者でも簡単にデザインができる!

ビートたけしと劇団ひとりが穴を掘ってるCMの評判

SNS上でのCMの評判を調査しました!

たけしさんがCanvaを触ってる・・・

面白いキャスティング!中年以上の層に届け!

思わず最後まで見てしまった!

かなり反応が良いですね!

「思わず最後まで見てしまった」という視聴者も多くいました!

まとめ

この記事では、Canvaの新CMについて紹介してきました。

・劇団ひとりさんはNetflixオリジナル映画「浅草キッド」で脚本と監督を務めたほど、ビートたけしさんに憧れていることで有名

・「Canvaとは、誰でも簡単にデザインができる無料のグラフィックデザインツール

・「Canva」はテンプレートや素材の量が多いので、初心者でも簡単にデザインできるのが売り

・穴を掘ってる理由は「コンクリートで埋める」と見せかける演出

・「CanvaのCM、攻めていていい!」と好評!!

・たけしさんとひとりさんのキャスティングがいい!

このような攻めたCMを、デザインの無料ツール「Canva」が作ったことがさらに面白いですよね!

テレビでも見たいですし、広告で流れてきたらスキップせずに見てしまいそうです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次